« 2006年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2006/11/03(金)

2006/11/03(金)時点の状況:


アトルガンミッション:

ということで、残り3キャラも「特使の御楯」いてきましたょ。

まず、H戦は、野良で主催シャウト。LSから助っ人2名(黒赤)を確保し、野良で白、侍、忍の3名が参加。
ワモーラに注意しる、と言っていたにも係わらず見つかるといった事故もあったが、無事にナバゴに到着し、いつも通りカラババ様にキレてもらう戦法で臨む。
忍さんに漢釣り風に突撃してもらって、カラババ様の古代II系着弾まで待つ。
んで、着弾によりカラババ様にタゲが向くので、キメラ13にカラババ様のHPを削って貰ってキレるのを待つ。
前回、「ブ チ キ レ」と書いたが、今回よくLOGとにらめっこしたら、カラババ様のキレるシーンは、「    ブ      チ」だった。( ´д`)
I系詠唱で、1000~2000ダメになるので、これでキメラ13のHPが激減する。
しかし、やはり、途中で古代II系に戻る。このブチキレ時間は、何に依存するんだろうね・・・・・。
ブチキレモードから戻ると、途端に削り速度が遅くなるので、キメラ13の攻撃が痛くなる。まあ、死人は出ることはないだろうとは言え、最後の追い込みは結構大変だった。
LS赤さんがコンバートで対応してくれたので、MP的には問題ないのだが、これ白魔だと如何にMP温存するかに掛かってくるなぁ。

最後は、LS黒さんのバーストIIでトドメを差し、BC外に放り出される。
ちょうど、トロールがLv.6でアルザビに攻めてくる直前だったので、ビシージ参加するべー、と、LS黒さんにD2してもらってPTは解散にした。


んでもって、U戦とRa1白。
こちらは、11月になって突如、PSUから復帰されたLSメンバー(2アカの人)が、アトルガンミッションを進めて、丁度、「特使の御楯」だったので、一緒に行ってみることに。
PT編成は、U戦、Ra1白、モ、赤の4名。5キャラで経験したお陰で、だいたいコツはつかんだ。
カラババ様がブチキレから復帰した後がちょっと不安だが、とりあえず、カラババ様をキレさせる戦法は確立できているので、今回も同じ方法で。
U戦で突っ込み、カラババ様にタゲ向くまで待つ。んで、こちらも戦闘開始で、ひたすらがんばる。予想通り、カラババ様がブチキレから戻ってしまうとちょっとMP厳しめになったが、LSメンバーの赤さんのコンバと、Ra1の女神の祝福で乗り切る。
んでもって無事に終了。
ようやく、7キャラともミッションが完了した。アトルガン金貨が35枚も貯まってしまった。( ´д`)使い道がないな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/01(水)

2006/11/01(水)時点の状況:


アトルガンミッション:

なんだかんだで、P、D、Ra2と、「特使の御楯」が終わったので、残り4キャラも粛々と進めるべく、今回はRuで主催シャウトしてみた。
LSで一人お手伝いを確保しておいたのだが、結局、5人からtellがきたので、お手伝いさんはパスと言うことにして頂いて、完全に希望者のみでPT編成。
忍侍青青赤黒という構成。おそらく、青魔さんがかなり重要な立ち回りになると思われる。
P、Dの経験から考えると、忍侍だと、後半のキメラのラッシュで危険な場面があるかもしれない。
そのとき、ヘッドバットで特殊技を止めたり、いやしの風なんかでフォローしてくれれば青魔は強力な戦力になる。

さて、道程はいつもどおりなので割愛して、今回は主催ということなので、戦術を割と自由に提案できる。
ってことで、当然、連邦の黒い悪魔をブチキレさせる方法を採用。

今までの経験から、挑発とか魔法とかでファーストタッチヘイトをとると、カラババ様にタゲが向かずHPを減らすのに範囲技に頼らざるを得なくなるという問題が分かっている。
一方、Pのときに主催者さんがとっていた漢釣り(絡まれ釣り)方式だと、カラババ様の初動魔法が古代II系なため、その詠唱時間中は、突っ込み役が無防備になる点でバクチになるが、古代II系が発動して与ダメを与えてくれれば、カラババ様にタゲが移っていた記憶がある。
ラミア13と似たような感じか・・・・。ラミア13も積極的にタゲをとる行動(挑発や弱体魔法)をすると、取り巻きの魅了を解除しても、彼らが魅了される度にタゲがこっちにきてしまうし、下手に味方にケアルでもヘイトが上がるので、結局、マラソンモードになりがちなのと同じだ。

ということで、突入後は、まず、カラババ様の後方で待機。忍さんに突っ込んで貰い、カラババが戦闘参加後、古代II詠唱完了までは、敵対行為は一切無しで、古代着弾までに忍さんがやばくなりそうならガチ方式に変更という作戦でPTメンバーに了承頂いた。
流石に、初の人ばかりなので、特に忍さんがキメラ13の攻撃速度の予想以上の速さにびっくりしておられたが、危険になるまえに古代II系が着弾し、予定通りカラババ様のHPが減り始めた。

すると、HP半分位になった頃でしょうか、カラババ様がそれは見事に「ブ チ キ レ」てくれました。( ´ー`)
そしてI系魔法連射。1000超えの与ダメ。中には2000超えも。(((( ;゚Д゚)))
ブチキレを合図に、前衛さんとサポ忍の青魔さんの方にはガチモードに切り換えて貰う。

カラババ様のお陰で、あっというまにキメラ13のHPが半減。しかし、やはり、途中で通常モードに戻ってしまい、再び古代II系に。戻っちゃうと、詠唱が長い分、PC側のガチでの削りがメインになってくるので、戦闘時間が長期化する。
すると、後半、キメラ13の攻撃が激しくなって、Dの時同様に、MPが厳しくなってきた。Ruも最後には泉発動。
もはや、こちらも必死なので的確な指示も出せず、青魔さんのアドリブでのいやしの風とかに助けられて、泉中のフリーズII着弾でキメラ13轟沈。
死者なくなんとか終了できますた。( ´д`)

BC外に放りだされた後、MP回復してメンバーをD2する。んでもって、白門で解散し各自サラヒムセンチネルへ。
ネコ社長vs連邦の黒い悪魔の舌戦を堪能してミッション完了。ヴァナ0:00跨ぎで、イベントみて金貨5枚げっつ。

さー、残り3キャラも終わらせるぞー。

その他:

RuのAMと同時並行で、SM9-2希望をサチコに書いたままRa2を白門に放置していたのだが、こちらのシャウトもtellも結局来なかったので、RuのAM終了後、就寝時間まで微妙に時間を持て余すことに。
丁度、LSのメンバーが短剣WSNMを倒しにいくとこだったので、私めもD忍とRa1白を出動させる。
場所はグスタフなので、デムにテレポして、グスタフでPTに合流。
???のある場所は骨がうようよなので、手前通路に陣取って、まずは掃除から。
5体ほど掃除していたら、白門でシャウトしていた別の短剣WSNM募集のPTが揃ったらしく、到着した。
折角なのでアラでということになり、総勢11名で沸かせたコウモリNMをボコる。
流石に、11名もいると相手にならないほど弱い。あっという間に倒して、希望者さん達はさくっとだいじなものげっつ。
黒魔さんにD2してもらって、白門帰還。本日はこれにて就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年12月 »